マイホームを購入して失敗してしまう事も・・・

夢のマイホームを手に入れたい。このような夢を持っているという方は多いと思います。

ただ、夢と現実はビックリするくらい違います。夢にまで見たマイホームを実際に手に入れたのに、後悔してしまったという方も実は少なくないんですね。

こんな事ならマイホームなんか購入しなければ良かったと思っている方もいるくらいなんですね。幸せになるはずが、逆に後悔してしまっている人が実は結構多いんですね。

マイホームを購入して後悔してしまったのなら、それは失敗だったと言わざるを得ません。

ではマイホームを購入して失敗だった事とはどんなものがあるのでしょうか?

住宅ローンでの失敗

住宅ローンというのは申込した時の状況を審査されて借りる事ができますが、転職や業績悪化などの状況の変化や将来への見通しの甘さによって月々の返済がキツくなってしまい、最終的にはマイホームを手放して借金だけが残ってしまう結果になります。

間取りでの失敗

今までの家賃と同じくらいの価格でマイホームが手に入るという事で安易に購入したけど、住んでみると収納スペースが少ないと感じたり、部屋がもう1つ欲しくなったり、リビングや部屋の構造に違和感を感じたり、など間取りの不満が何かと出てきます。

立地・環境での失敗

立地の選び方を間違えると、日々の生活に悪い影響を与えます。あまりにも都市部から離れた場所にマイホームを購入して凄く不便だったり、騒音がひどかったり、日当たりが悪かったり、などこれから長い間ずっと後悔しながら住まなければなりません。

不動産会社・ハウスメーカー選びでの失敗

不動産会社やハウスメーカーの選び方に失敗すると、価格が安いからと言って購入したら欠陥住宅だったり、自分のイメージ通りの家を購入できなかったり、相場より高い価格で買わされたりなど、騙されて悔しい思いをしなければなりません。

構造・設備での失敗

構造や設備についてもよく失敗してしまう事が多いです。フローリングの歩き心地が悪かったり、IHにしてみたけどやっぱりガスの方がよかったり、など特に水回りや電気などは長年住む上では失敗してしまうと日々不便な生活を強いられてしまいます。

 

マイホーム購入の失敗は即地獄を意味します!

マイホームの購入に失敗すると、巨額な借金と悔しい思いを抱えながら不便な生活をしなければなりません。特に住宅ローンは毎月返済が迫ってきます。月々のローン返済ができなくなれば、住宅ローン破綻になり、人生のどん底に落ちてしまいます。

マイホームを購入する時の物件はどんなものがあるの?

マイホームというキーワードでイメージするのはどんなものでしょうか?

多分一戸建てをイメージするという方が多いでしょうか。

ただ、その住宅の種類というのは何も一戸建てだけではなく、注文住宅・新築マンションから中古住宅・リノベーション住宅と種類はたくさんあるんですね。

いざマイホームを購入しようとした時にこれだけの選択肢がありますので、どれが最もマイホームとして合っているのかしっかりと検討しなければなりません。

ここではマイホームを購入する時に考えうる物件の種類について解説したいと思います。

マンション

マンションは1つの建物にたくさんの人が住むので、建物や土地を分け合って所有します。そういう事なので、一定のルールを保ちながら住む必要があるんですね。建物や土地の管理についても住んでいる人それぞれで管理するというより管理会社に全部お任せするというのが一般的だと思います。マンションはさらに新築と中古の2種類に分けられます。

新築マンション

マイホームとして新築マンションを購入するとやっぱり建物自体が新しくてキレイで最新の設備が整っているというのが良い点だと思います。その反面、価格が高かったり、実際に住む建物が完成していない状態で購入するので内覧ができないんですね。

中古マンション

中古マンションは物件数も豊富にありますし、価格も割と安いというのがメリットになります。デメリットはやはり建物や設備などが古いという点ですね。保証の面でも新築マンションよりも劣ってしまうというのもデメリットに挙げられると思います。

一戸建て

一戸建ては建物や土地が全部自分の所有という事になり、自由度が高いのがメリットなんですね。もちろん、管理は全て自分である必要がありますので、マンションや賃貸よりも格段に手間は掛かると思います。一戸建ては大きく分けると新築と中古に分けられるんですね。

新築一戸建て

新築一戸建てを購入する最大の目的は「新築一戸建てに住む」という満足感を得る事だと思います。維持費が安かったり、税制の優遇を受けやすいというメリットも多いですが、その分中古よりも価格は高かったり、郊外に建てられる事が多いんですね。

中古一戸建て

新築一戸建てよりも20%~50%くらい価格が安いというのは中古一戸建ての良い点だと思います。中古ならでの味わいについては新築にはないメリットです。さらにリノベーションをすれば新築と変わらない住み心地を手に入れる事も可能なんですね。

新築一戸建て

新築一戸建てを購入する場合は、最初から家が建っている建売住宅にするか、何も無いところから設計して家を建てる注文住宅にするかの2つの選択肢があります。どちらもメリット・デメリットがあるので、現在の状況に合った新築一戸建てを選択すると良いですね。

建売住宅

建売住宅は注文住宅に比べて安く手に入れる事ができます。購入すればすぐに入居できるというのもメリットですね。ただ、建物の欠陥を見抜くのが難しかったり、資産価値が低い事が多いので、その辺のデメリットもしっかり理解しておくと良いですね。

注文住宅

注文住宅は文字通り家作りに対して様々な注文ができる住宅になります。やはり自由度が高いですし、オンリーワンのマイホームを建てる事ができます。ただ、費用が高くやすかったり、入居までの期間が非常に長い事なども考慮する必要があるんですね。

 

注文住宅

注文住宅は新築一戸建ての1つの種類になりますが、1番マイホームのイメージに近いものなのかなと思います。家を建てる事が条件に付いている土地を購入するか、そういった条件が無い土地を購入するかでまたメリット・デメリットが違ってきますので、注意が必要です。

建築条件付きの土地を購入して建てる

建売住宅よりは自由度は高いですし、建築業者もすでに決まっているので探す手間などもないんですね。しかし、決められた期間の間に家を建てる必要があったり、すでに決まっている建築業者を変更する事ができないなどのデメリットもあるんですね。

条件なしの土地を購入して建てる

建築業者や間取り・デザイン・部材など細かいところまで自由に自分で決めてマイホームを建てる事ができます。ただ、細部までこだわり過ぎると費用がかなり高くなってしまうので、しっかりと費用の管理をしながら色々と決めていく必要があります。

 

住宅の種類は覚えておくと役立ちます!

マイホームの購入時にはこれだけの選択肢があるので、失敗しないためにも年齢や経済状況や家族構成など現在の状況に合った住宅を選ぶ事が重要だと思います。幸せなマイホームを手に入れるためにも一通り知っておくと後々役に立ってくると思います。

様々な経費削減情報が集まったオススメサイトです!

経費削減方法一挙大公開!最も効果が期待できるものはコレ!
経費削減の方法ってどんなものがあるかあまり詳しくは分からないですよね?そんな皆様に効果が期待できる経費削減の様々な方法について解説していきたいと思います。