過去に色々あって住宅ローンが借りられない場合は?

住宅ローンを借りるには審査があって、個人信用情報を確認されます。

その際に過去に色々あって、個人信用情報に傷が付いているという方もいると思います。

そういう方は現在いくら真面目に仕事をやっていても住宅ローンを借りる事ができません。

今回は本来の主役であるマスオさんがきちんと収入があるけれど、過去に色々あって住宅ローンが借りられないケースのお話をします。

個人使用情報が傷付いていたとしても、そこですぐにマイホームの購入を諦める必要はありません。



個人信用情報の中に「異動」の記載があると・・・

過去に分割払いの支払いが遅れてしまい、個人信用情報に傷が付いてしまっているとしばらくは住宅ローンは借りる事ができないんですね。

具体的には個人信用情報の中に「異動」の記載がある借り入れがあれば、この借り入れをきれいにしてから5年間は新たな借り入れはできません。

こうなると、せっかくマイホームが欲しくて収入がきちんとあってもどうしようもありません。

通常であれば、マイホームを諦めるしかないんですね。

それでも何とかしてマイホームを購入したい場合はどうすれば良いのでしょうか?

 

マスオさんが登場しない形でローンを組むしかない!

この場合で残された方法は、マスオさんが登場しない形でローンを組むしかありません。

奥様であるサザエさんに収入があれば、まずサザエさん1人でいくらまで借りられるか調べます。

もしサザエさんお1人ではマイホームの購入の希望額に満たない場合には、親子リレーローンが使えないか検討していく事になります。

磯野家の場合、サザエさんと波平さんの組み合わせになります。

このようにフラット35であれば、様々な選択肢がありますので、諦めずに最良の方法を探る事が大切なんですね。

 

波平さんとサザエさんの収入を合わせた金額で審査する!

前からお話していますように波平さんが新しい家に住まない場合であっても、親子リレーローンで波平さんとサザエさんの収入を合わせた金額で審査する事ができるんですね。

返済比率さえクリアできれば、審査のテーブルに乗せる事ができますので、上手くいけばマスオさん無しで住宅ローンを組む事ができます。

審査上はギリギリの返済だとしても、実際にはマスオさんの収入がありますので、月々の返済については余裕があるという事になるはずです。

現在は金利が低く、年収に対する借入限度額が高くなっているので、この方法はかなり有効で諦めていたマイホームへの道が開ける事も少なくありません。

フラット35に精通していれば、様々な方法を探し出す事ができますので、銀行の住宅ローンでは実現できない事もできる可能性があるんですね。

こんな風に私はあらゆる可能性を探ってチャレンジしていますので、住宅ローンで困ったなと思ったら是非ご相談してみて下さい。

諦めていたマイホームが購入できるかもしれません。

 

フラット35ならあらゆる方法で借りる事ができる!

フラット35は収入合算できる人の範囲が広いので、仮に実際の主債務者の名義で借りられなくても何とかなる事が多いんですね。家族の収入によって様々なパターンの収入合算を考える事ができます。こういう事もあるので、代理店によって審査が通るところと通らないところが出てきてしまうんですね。



コメントは受け付けていません。