先日発表された北海道の基準地価の上昇について

 

マイホームを建てるためには土地が必ず必要です

 

そんな中、土地の価格というのはマイホームを建てる方にとっては少しでも安いに越した事はないと思いますので、やはり気になりますよね。

 

 

購入価格の半分以上が土地代という事も少なくないんですね。

 

ここでは先日発表された北海道の基準地価の上昇について解説したいと思います。

 

 

 

発表された全国の基準地価格によると、北海道の地価も上昇傾向が出てきてるようです。

 

今回は外国人に人気のニセコ地区に加えて、札幌中心部の商業地区にも価格上昇が見られているみたいですね。

 

都市中心部の商業地区の地価上昇はオリンピック景気に沸く東京に加え、大阪・名古屋などの大都市に見られていたのですが、やっと北海道にもこの流れがやってきたようです。

 

今回の地価上昇にはまだ反映されていませんが、現実の住宅建築の市況を見ていると札幌市内は絶対的に住宅建設用地が足りない状況が続いているみたいで、感覚的には地価はずいぶん上がってきているんですね。

 

 

土地がないと嘆いている建築業さんが多い

 

一説によると、市場に出る前の土地を大手ハウスメーカーさんが買いあさっているそうです。

 

消費税値上げ前のタイミングで市場に出てくるのではないかなどの噂もあるほどです。

 

『とにかく土地がない』と言って嘆いている建築業さんが多いのが事実です。

 

今のところ札幌市内での大規模宅地造成の話は聞こえてこない状況の中、石狩・江別・北広島・恵庭など札幌近郊の都市に家を建てる人が増えてくる人も増えてくるかもしれません。

 

地方都市によっては移住や子育て支援に関する補助金もあり、フラット35はこの補助と合わせてあわせて金利が安くなる制度がありますので、札幌近郊で住宅購入を検討されている方はその辺も勉強してみると良いでしょう。

 

 

リアルタイムな情報は非常に大事

 

マイホームを購入する場合は土地の価格や金利などいつも変動しているものが多いですよね。

 

マイホームをできるだけ出費を少なく建てるにはこういうのはリアルタイムの情報が非常に大事です。

 

そして、今後の情勢など専門家ならではの情報を随時発信していきますので、マイホーム購入時の参考にしてみて下さい。

 

 

住宅購入の夢を諦める前にまず相談を!!

住宅ローン駆け込み寺サービス
現在マイホームの資金計画が思うように進んでいないお客様や過去にマイホームの資金計画で上手くいかず再チャレンジしたいお客様にもセカンドオピニオン(第2の選択肢)として現状をヒヤリングさせて頂きます。その上で別の住宅ローン商品・申し込み金融機関の変更、債務者の追加など新しい切り口での方法を探るサービスになります。 住宅購入の相談はコチラ      

コメントは受け付けていません。