フラット35はどこで取り扱っているのでしょうか?

 

フラット35はコマーシャルなどではよく見かける事があると思いますが、その内容について分からない事が多いのが現実です。

 

コマーシャルを見ても、どんな事ができるのか、どのようなサービスなのかは分からないですよね。

 

そこで以前に書いた内容ですが、フラット35の特徴について書いていきたいと思います。

 

フラット35の特徴を知っていれば、マイホームの購入の時に役立つ事もあるかもしれません。

 

 

今回のテーマは『フラット35はどこで取り扱っているのか?』についてお話ししたいと思います。

 

 

 

フラット35は政府系の金融機関である独立行政法人『住宅金融支援機構』が販売しているローン商品です。

 

お客様とのやり取りは全て代理店が行なっています。

 

代理店になっているのは、銀行・信用金庫などの預金金融機関の他にクレジット会社・保険会社・モーゲージバンクと言われる住宅ローン専門の機関・一部の不動産業者などです。

 

 

申し込みは各代理店が受付し、一時審査したデーターが住宅金融支援機構に送られて再度審査が行なわれ、最終結果が出るという仕組みになっています。

 

 

代理店によって審査の通りやすさが違ってくる

 

各代理店にもある程度の審査権限が与えられています。

 

なので、同じフラット35を取り扱っていてもA代理店で通らなかった案件がB代理店では承認になったという事も実際に起こっています。

 

 

ですから、フラット35を使うなら代理店選びも重要なポイントになるという事が言えます。

 

一般の銀行もフラット35取扱代理店となっていますが、積極的には扱っていないため、銀行の窓口から申し込むと結果が出るまでにかなりの時間がかかっているようです。

 

また、フラット35は一般の銀行住宅ローンよりも審査の間口が広く幅広いお客様に利用いただけるようになってる商品なのですが、このメリットを生かしてお客様のご希望に合うような形で結果を出すためには、きちんとした商品知識と経験が必要になります。

 

 

このサイトではお伝えできる部分には限界があります。

 

もし、色々ご関心がある方は、是非私共にご相談下さい。

 

 

同じ商品でも取り扱い方法は代理店ごとに違う

 

フラット35の代理店は全国に数多くありますが、全ての代理店がフラット35に精通しているわけではないんですね。

 

銀行などでは別の住宅ローンも扱っていますし、保険会社や不動産業者などはそもそも本業がしっかりとあります。

 

そういった意味ではモーゲージバンクなどは住宅ローンを専門に扱っているので、フラット35に精通している代理店が多いかもしれませんね。

 

 

住宅購入の夢を諦める前にまず相談を!!

住宅ローン駆け込み寺サービス
現在マイホームの資金計画が思うように進んでいないお客様や過去にマイホームの資金計画で上手くいかず再チャレンジしたいお客様にもセカンドオピニオン(第2の選択肢)として現状をヒヤリングさせて頂きます。その上で別の住宅ローン商品・申し込み金融機関の変更、債務者の追加など新しい切り口での方法を探るサービスになります。 住宅購入の相談はコチラ      

コメントは受け付けていません。