産休・育休中の奥様がいる場合は収入合算できるの?

フラット35の特徴を生かして、マイホーム購入の幅を広げる方法についての5回目は「育児休業中の方の場合」というお話です。

育児休業中の場合、働いている時のような収入がないので、住宅ローンを組んだり、収入合算をしたりできないと思っている人も非常に多いと思います。

フラット35では育児休業中でも住宅ローンを組んだり、収入合算をしたりする事ができるのでしょうか?

ここでは育児休業中にフラット35を申し込んだらどうなるのかについて解説したいと思います。



産休・育休の奥様の年収を合算する事ができる!

住宅ローンの資金計画を検討してみたら、ご主人の年収だけでは希望金額が借りられない場合、まず考えるのは奥様との収入合算ですよね。

しかし、奥様が産休・育休取得中で現在収入が全くない・・・さて、どうしようという方も正直少なくないと思います。

基本的には育児休業や産休の時に組めるローンというのは無いと思った方が良いんですね。

色々な面で育休や産休の時には、住宅ローンの審査が有利になるという事は無いんですね。

しかし、だからと言ってマイホームの購入を諦める必要はないんですね。

フラット35の場合、融資実行時に職場復帰される予定があれば、産休・育休の奥様の年収を合算する事ができますので、引渡しまでに時間が掛かる建築案件の場合には引渡しを奥様の職場復帰に合わせて組めば、問題なく審査できます。

基本的には前年年収では計算するのですが、前年年収が産休・育休により少なくなっている場合は、休み前にもらっていたお給料を元に算出した1年分の「みなし収入」で収入合算できますので、意外と多く借りられます。

融資実行時に職場復帰している事を前提に審査しますので、職場復帰後に受け取ったお給料の明細などを提出して頂き、復職が確認できる事が融資の条件になりますので、「家は完成したけれど引渡しできない」という事がないように気を付けて下さい。

 

育児休業給付金は収入とみなす事はできない!

また、産休・育休中も一部お給料が出ている方の場合は、職場復帰していなくても減額支給のお給料を年収を割り戻す計算をして、合算する事ができます。

ご主人の年収に育休や産休で休んでいる奥様の収入を合算する事で、借入限度額がかなり違ってきますので、合算できるのであればした方が良いですよね。

ただし、雇用保険に基づく育児休業給付金などを受給していても、収入とはみなす事はできませんので、ご注意下さい。

フラット35の場合、年収400万円未満と400万円以上では借入可能額が大きく変わります。

お車の借り入れなどで思った以上に借入限度額が厳しい方の場合は収入合算ができればご希望に沿えるケースが多いので、諦めずにご相談下さい。

産休や育休で休まれている奥様の収入なども前もって言って頂ければ、それが有利に働くようにアドバイスさせて頂きます。

 

産休・育休の奥様がいても収入合算ができます!

産休や育休で仕事を休んでいる奥様がいる場合、収入合算はできないとまず思ってしまうのはしょうがないと思います。ただ、実際はできるのでこれを知っていると知らないではマイホーム購入の幅が大きく減ってしまうので、上手く活用しましょう。住宅の営業マンではフラット35を上手く活用する事は難しいと思いますので、その際はいつでもご連絡頂ければと思います。



コメントを残す