奥さんのパート収入で希望額まで借りられるかも!?

フラット35の特徴を生かして、マイホーム購入の幅を広げる方法をお伝えしております。

フラット35は一般の銀行ローンと比べても、かなり多くの人が住宅ローンが活用できるような仕組みになっているんですね。

もしかすると、銀行の住宅ローンの審査で落ちてしまった人でも、フラット35であれば審査を通す事ができるかもしれません。

第3回目は「奥さんがパートの場合」というお話しです。

ご主人の収入だけでは希望額まで届かなかった場合、奥さんの収入と合算する事ができるのですが、フラット35であればその条件が一般の住宅ローンよりも緩かったりするので、パート収入であっても役立つ事があるんですね。

その辺の事について詳しく解説させて頂きます。



フラット35は収入合算の条件が結構緩い!

マイホームを購入する場合は住宅ローンを活用する方がほとんどだと思います。

自分の要望と自分の収入によって、ある程度自分の希望に沿ったマイホームを手に入れる事も可能だと思います。

その中でどうしてもこの部分が譲れないけど収入が足りないというケースも少なくないですよね。

そんな時に役立つのが「収入合算」なんですね。

収入合算の条件については、金融機関によって結構変わるようなのですが、パートやアルバイトなどで年収200万円未満だと、収入合算の条件を満たさない事もあるみたいなので、住宅ローンを活用する金融機関にしっかり確認する必要があるんですね。

そんな中でフラット35の場合、パートの方であっても安定的な収入があれば申込はOKなんですね。

勤続年数の制限も無く、2回以上お給料を受け取っていれば基本的には大丈夫なんですね。

さらに合算年収が400万円を超えると、返済比率の限度が30%から35%へと拡大になりますので、返済限度額が大幅に広がります。

例えば、車の借入があってご主人1人の年収では、希望金額まで借りられない場合でも、パートの奥様の年収を加える事により、借入限度額が大幅に増え、希望額までOKになるケースはたくさんあります。

 

奥さんのパートのお給料を収入合算する具体例について

ご主人の年収350万円で車の返済が月35,000円あるお客様だと借入限度額は1,892万円になりますが、奥様がパートで月5万円の収入があれば年間60万円を収入合算できるので、合計年収は410万円になり、借入限度額は2,974万円になります。

年間60万円の収入合算で1,000万円以上の増加になるんですね。

借入限度額が1,000万円以上も多くなれば、かなり違ってくると思います。

なので、フラット35であれば奥さんがパートだからアルバイトだからと言って、全く諦める必要がないんですね。

フラット35の場合、収入合算者の年収は100万円以下でもOKなんですね。

ご主人だけでは年収がちょっと足りないなぁと思った時には、まず奥様の収入状況を確認して、少しでも可能性がありそうであれば、ご連絡下さい。

もしかすると、より良いマイホームの購入ができるかもしれません。

次回も引き続きフラット35の活用法をお伝えしますので、お楽しみに!

 

フラット35は収入合算しやすい!

銀行の住宅ローンではできないような収入合算もフラット35ならできる事が多いと思います。マイホームを購入する上で借入限度額は非常に重要なものになります。借入限度額によっては希望のマイホームを手に入れられない事もありますので、フラット35はそういった状況の場合に非常に役立つと思います。



コメントは受け付けていません。