転職後、間もない方でもフラット35は受付が可能!

今回からはフラット35の特徴を生かせば、通常の住宅ローンの審査に落ちた方でも何とかなる方法についてお伝えします。

第1回目は転職後、間もない方についてです。

一般的に考えると、長い期間安定して働いていないと住宅ローンを組めないというイメージはありますよね。

実際通常の住宅ローンはその色合いが濃いのですが、フラット35であれば住宅ローンを組める可能性があるんですね。

転職してすぐに住宅ローンなんて無理と思っている人は、フラット35の事を知れば、マイホームの購入も不可能ではなくなるかもしれません。

ここでは転職後でもフラット35なら何とかなるかもしれない事について解説したいと思います。



「勤続2年以上」でないと住宅ローンは借りられない!

銀行ローンの場合、申し込み受付条件として「勤続2年以上」という事があります。

なので、銀行ローンは転職後に住宅ローンを組む事は不可能になんですね。

銀行に住宅ローンの相談に行っても、転職してすぐという事が分かれば、門前払いになってしまうんですね。

住宅ローンの審査すらしてくれません。

しかし、フラット35の場合は勤続年数の長短を問わず、「継続的な収入がある方」であれば申込可能となっています。

サラリーマンの場合、転職し勤続1年未満の方なら、転職してからもらったお給料の合計を勤続月数で割り、1ヶ月分の給料を割戻し、それを12倍する事で収入を算出し、ボーナスがあればその分を加えて審査対象の年収とします。

たとえ、転職1ヶ月でもお給料を受け取った実績があれば申込は可能です。

継続的な収入があるという事が証明できれば、転職後すぐであっても住宅ローンの申し込みをする事ができるんですね。

 

フラット35は継続的な収入があれば勤続年数は関係ない!

転職後すぐに申し込みが可能という事は、住宅を販売している営業マンの方でも知らないという方がいらっしゃいます。

なので、マイホームを購入する方ご自身が知っていれば、通常の住宅ローンならダメでもフラット35なら何とかなる可能性があるんですね。

それだけ選択肢の幅が増えるというわけなんですね。

私の会社でも実際に申し込んで頂いたお客様が勤続2年未満という方はたくさんいらっしゃいます。

資格を持ったお仕事だったり、ヘッドハンティングだったりすると実際に勤続1ヶ月でもOKになったケースも数件ありますし、個人情報がキレイで年収もそこそこあれば、勤続年数が2年未満でもかなりの確率で承認が出るんですね。

私の会社では、審査が通るか通らないかギリギリのお客様の場合ヒヤリングさせて頂き、別途連帯債務者を付けるとか、その他の借入を事前に返済して頂くなどなるべく承認が出やすいようにしておりますので、銀行などの金融機関よりも承認率が高くなっているはずですので、勤続年数が短い方でも諦めないでご相談下さい。

なので、転職してすぐなので、住宅ローンは無理と諦める必要が無いという事なんですね。

 

転職したばかりの方にはフラット35がオススメ!

転職と言ってもその状況は様々です。キャリアアップの転職もあれば、ちゃんとした資格を持った職業の転職などはネガティブなものではないですよね。仮に前職を解雇されたとしても転職をしてお給料をもらっていれば、フラット35なら門前払いになる事はありません。この勤続年数の部分については柔軟に対応してくれる住宅ローンになります。ただ、どんな転職であっても一般の銀行ローンは「勤続2年以上」なければ申込すらできませんので、転職して間もない方は是非フラット35でチャレンジしてみて下さい。



コメントを残す