毎月の携帯電話料金と住宅ローンって関係あるの?

銀行などに住宅ローンの申し込みをすると、一番先にする事が個人情報の審査だそうです。

ここで面倒なのが、携帯電話の端末の割賦代金なんですね。

携帯電話と住宅ローンというのはあまり関係がないと思われがちですが、実はそうではないんですね。

毎月携帯電話料金の支払いをしているという方が多いと思いますが、その携帯電話料金の支払いを延滞してしまうと住宅ローンの審査に落ちてしまう事もあるんですね。

たかだか1ヶ月数千円から数万円の携帯電話の料金とマイホームを購入するために数千万円借りる事ができる住宅ローンの審査にはどのような繋がりがあるのでしょうか?

ここでは携帯電話の割賦販売と住宅ローンの関係性について解説したいと思います。

 

機種代金を払っている実感がないという方も少なくない!

現在ではほとんどの方が携帯電話を利用していると思います。

ビジネスの現場でも利用していると思いますし、プライベートでも多くの方が携帯電話を利用していると思います。

そんな携帯電話ですが、料金の内訳についてはよく分からないという方も多いですよね。

「他の携帯電話会社からの乗り換えをする場合、機種代金はタダ」という言葉につられて、ついつい新しい機種に乗り換えるという事も多いと思います。

しかし、タダと言っても毎月の携帯電話料金に上乗せされて支払っているという事で機種代金にお金が掛かっている実感がないという方も少なくないと思います。

携帯電話料金というのは厳密に言うと、携帯電話の端末の料金(機種代金)と使った分の通話料・通信料に分けられるというわけなんですね。

本来であればこの2つというのは別々に請求が来た方が良いのですが、これが一緒に来てしまっているので、非常に分かりにくくなっているんですね。

 

機種代金はローン返済と同じ扱いになっている!

実は機種代金というのはしっかりと分割払いになっていて、ローン返済と同じような扱いになっているという事をご存知でしたでしょうか?

どうしてこうなっているのかと言うと、携帯電話の機種代金というのは何万円もするもので、高いものだと10万円を超えるものもあります。

これを一括で購入しようとすると、中々購入しにくいという事で、携帯電話会社の方でユーザーにサービスとして買いやすくしているというものなんですね。

最初に大きなお金を支払わなくても良い代わりに月々の携帯料金に上乗せする事によって、ユーザーの方に負担感を減らしているというわけなんですね。

ただ、最初にお金を支払わないで、月々決まった日に支払うというような感じでは、お客様の方でもその支払いの内訳を気にしている方が少なくなるのもしょうがないと思います。

 

携帯電話料金の延滞で家が建てられない!?

ただ、この分割払いの分は、住宅ローンの返済可能額を計算する時に含めなくてはいけないだけでなく、万が一延滞をしていたりすると、個人信用情報にキズが付いてしまい、それだけで住宅ローンが借りられなくなるなんて事も起こってしまうんですね。

たかが、数千円の携帯電話料金を遅れて払っていたばっかりに住宅ローンが借りれなくてしばらく家が建てられない・・・。

悲しいけれど、これが現実なんですね。

どんな支払いであっても、延滞しないようにしっかり支払うようにしましょう。

現在では住宅ローン以外のローン審査でも携帯電話の料金の支払い状況を見て、審査するところが多くなっておりますので、日頃から気を付けておくが重要だと思います。

普段から日常的に使っている携帯電話なので、決して他人事ではないですよね。

住宅ローンというのは、借りたお金をちゃんと返済する事ができる人にお金を貸すというのが本質になりますので、その点で言うとやはり携帯電話料金の延滞が個人信用情報に関わるのであれば、しっかり延滞せずに支払うというのが大事になってくるんですね。

たったの数千円でも個人信用情報にキズが付いてしまうという事なんですね。

 

公共料金の延滞では個人信用情報にキズが付く事はない!

そして、決して間違って欲しくないのは、公共料金を延滞したからと言っても個人信用情報にキズが付くというわけではないという事です。

電気料金やガス料金・水道料金などを延滞しても個人信用情報にはキズは付きません。

公共料金というのは基本的には月々の使用料金を支払っている利用しているわけで、何か高価な機材などを割賦購入しているわけではないという事です。

そして、特に勘違いしてしまいがちなのが、NTTの固定電話の料金だと思います。

携帯電話と同じ電話料金なので、疑問に感じている方も多いと思いますが、NTTの電話料金というのは基本料金プラス使った分の電話料金になりますので、問題ありません。

携帯電話の場合は、高額な機種代金を契約期間内に分割して支払っている分にプラスして使った分の通信料金や通話料金を支払っております。

本来であれば、この機種代金を分割で支払っている部分の延滞が個人信用情報に関係してくるのですが、請求が使った分の通信料や電話料と一緒にきているので、結局のところ毎月の携帯電話料金の延滞が個人信用情報に関係してきてしまうんですね。

簡単に言うと、携帯電話の機種代金をクレジットカードで分割している購入しているような感じで、支払いの請求が通信費などと一緒に携帯電話会社から来ているような感じです。

このような情報や知識についても知っておいて損はないと思います。

 

たかが携帯電話料金、されど携帯電話料金!

毎月の携帯電話の料金というのは、支出の割合としてはそんな負担が多いものではないと思います。しかし、個人信用情報に関わる事を知っていれば、たかが携帯電話料金でも支払いを滞る事はないと思います。今後マイホームを購入しないとしても個人信用情報が傷が付いてしまうと何かと不利になる事もあるので、当然ですが携帯電話料金については延滞しないようにしましょう。

 

コメントは受け付けていません。