フラット35は勤続年数が短い方でもお申し込みができます!

マイホームを購入する上で必要不可欠な存在が住宅ローンだと思いますが、その住宅ローンというのは申し込みをすればすぐに借り入れができるというわけではないんですね。

それぞれの金融機関毎に審査をありまして、それをパスしなければ借りる事ができません。

住宅ローンの借り入れをする条件の1つとして「年収」というものがあるんですね。

収入が無い方は返済もできないので、住宅ローンを借りる事すらできないからです。

ただ、「年収」の考え方というのは各金融機関によって若干違うようなんですね。

ここでは住宅ローンの1つであるフラット35の年収の考え方について解説致します。

 

一般的な銀行の住宅ローンの申し込み条件とは?

フラット35の大きな特徴の1つは「勤続年数が短くてもローン審査の対象になる」事です。

一般的な銀行の住宅ローンの場合、ローン申し込みの条件として、

  • サラリーマンなら勤続2年以上
  • 個人事業主・会社代表者なら3期以上事業を続けている

という入口の条件がありますが、フラット35の場合勤続年数についての制限はありません。

継続的な収入があって、住宅ローンの返済とその他の借り入れの返済合計額が年収に対して一定の割合の範囲に収まっていれば、申し込み可能になります。

人によっては転職などによって勤続年数が短いという方も少なくないと思いますが、そんな方でもフラット35であればお申し込みをする事ができるんですね。

 

フラット35の年収の考え方とは?

フラット35の年収の考え方としては、審査対象となる年収は基本的には公的証明書に記載された前年度の年収です。(申し込み時期により審査の対象となる時期は異なります。)

転職などで勤続年数が短い方の場合は、こんな風に起算します。

申し込み時点で勤続1年間経過している場合

直近1年分の収入(直近1年間の税込給与+賞与の合計金額)

申し込み時点で勤続1年未満の場合

以下の計算方法によって算出した「割戻し年収」が審査の対象になります。

  1. 転職してからの給料支給額(税込)の合計を「勤務月数」で割った平均月額を算出。
  2. ①で算出した月額給与の平均金額を12倍する。
  3. 転職後、賞与を受け取っていたらその額に加算する。

そもそも通常の金融機関であれば、住宅ローンの審査のテーブルにも乗る事ができませんが、フラット35ならまずは申し込みをする事ができるというわけなんですね。

 

3月に転職して勤続5ヶ月の方が8月に申し込みした場合

言葉だけでは正直分かりにくいと思いますので、実際の具体例で解説したいと思います。

3月に転職し、勤続5ヶ月の方が8月に申し込みしたケースで試算してみます。具体的な数字での解説になりますので、非常に分かりやすいかと思います。是非参考にしてみて下さい。

転職先で3月から給料をもらっているので、

3月給与 240,000円
4月給与 280,000円
5月給与 280,000円
6月給与 280,000円
7月給与 300,000円
合計  1,380,000円

6月賞与 300,000円

 

年収割戻し計算は、
給与割戻し 1,380,000円÷5ヶ月×12ヶ月=3,312,000円

6月に賞与を300,000円もらっているので、
割戻し年収 3,312,000円+300,000円=3,612,000円

勤続5ヶ月の方も割戻し計算により、「年収3,612,000円」とみなして審査する事が可能になり、その他の借り入れ(車のローンやクレジットカードでの借り入れなど)がなければ、計算上の借入限度額は2,600万程度(審査金利1.58%)となります。

転職をされていらっしゃる方の場合、公的証明書が出ませんので、

  • 勤務先発行給与証明書【フラット35用・所定の様式】
  • 給与明細
  • 給与振込通帳の写し

の3点で年収を確認させて頂きます。フラット35はこんな形で「銀行ローンでは審査の入口からはじかれる勤続年数の短い方」も審査の対象になるんですね。

 

諦めていた夢のマイホームも実現できるかも!?

もちろん、審査結果は全ての要素を提示した上で総合的な判断の元に行なわれておりますので、基準さえ満たせば全ての方に融資できるものではありません。

しかし、同じ転職した方でも資格や技術を持たれている方、同一業界でのお仕事が長い方の場合は承認率がかなり高くなる傾向があるんですね。

このような情報や知識を知っていると、今まで審査のテーブルにも乗る事ができずに無理だと思っていた夢のマイホームも可能性がゼロではなくなると思います。

フラット35は一般の金融機関が提供している住宅ローンとはちょっと違う住宅ローンになりますので、知っておくだけでももしもの時に役立つかもしれません。

是非フラット35を利用して夢のマイホーム購入を実現しましょう!

 

勤続年数が短かったとしても諦める必要はない!

勤続年数が短いと一般の銀行の住宅ローンでは門前払いに近い形になってしまいがちですが、フラット35はそういった事はないんですね。審査の対象にはしてくれます。勤続年数が短くても実際にはちゃんとした収入があるという方は、諦めずにフラット35でチャレンジしてみるのも1つの方法かもしれませんね。

 

マイホーム購入の相談をするなら夢マイホーム!
マイホーム購入の相談をするなら夢マイホームにお任せ下さい。失敗しないマイホーム購入のためには専門家への相談がオススメです。お客様を幸せなマイホーム生活に導けるように全力でサポート致します。

コメントは受け付けていません。