住宅ローンの審査基準の1つである債務状況とは?

住宅ローンの審査基準というのは各金融機関で違ってきますが、おおまかな考え方としてはどこの金融機関でも同じなんですね。

審査基準として間違いなく確認されるのが現在の債務情況です。

現在たくさんの借金があるような人に融資を実行してしまったら、住宅ローンの返済が滞る可能性が高いので、結果として金融機関は被害を被ってしまいます。

そういった自体を避けるために債務状況をしっかりチェックするんですね。

ここでは住宅ローンの審査基準の1つである「債務状況」について解説したいと思います。

 

カードの使用記録は個人信用情報に登録される!

現在の債務状況についても住宅ローンの審査基準として挙げられる項目の1つになります。

たくさんの方がクレジットカードを所有していたり、活用をしたりしていると思います。

クレジットカードを作ったり、お買い物で利用したり、キャッシングで利用したり、返済したり、滞納したりするとその記録は全部「個人信用情報」に登録される事になるんですね。

これはどこのクレジットカード会社のカードを作っても一括りにして管理されている情報になりますので、借金をごまかす事ができないという事になるんですね。

 

過去の滞納の情報は過去5年間ほど残っている!

住宅ローンの審査を申し込んだ場合、まず各金融機関ではこの個人信用情報をチェックする事になると思います。

どのくらいの会社から借り入れをしているのか、トータルでどのくらいの金額の借り入れがあるのか、返済状況はどうなのか、しっかりと毎月返済しているのか、滞納が過去に何度あるのかという情報が分かってしまうんですね。

住宅ローンを申し込む時、他に借り入れがあるかどうかというのを記入する欄があります。

この時につい低く借入額を記入してしまいがちですが、すぐに分かってしまいますので正直に自己申告するようにしておいた方が印象が良いと思います。

また、過去に滞納した情報は過去5年間ほど残っていると言われております。

滞納の状況によっては審査が通らなくなる可能性が高くなってしまいます。

 

他社からの借り入れは返済しておいた方が良い!

ここで気になるのが他の会社で借り入れがある場合は審査が通らないのかという事です。

審査が通らないという事はありませんが、他の会社からの借入額によっては住宅ローンの借入額が少なくされてしまう可能性がありますので、住宅ローンの申し込みをする前はできるだけ他の会社から借り入れを返済しておいた方が良いでしょう。

また、もう使っていないようなクレジットカードは解約しておいた方が良いと思いますよ。

 

個人信用情報は自分でも確認する事ができる!

住宅ローンの審査では債務状況というのはかなり重要なものです。個人信用情報の内容によっては全く審査に通らない事もあり得ます。過去に滞納があった場合でも全てがダメという事ではありません。しかし、その辺の線引きについては一般の方には判断できないと思います。個人信用情報というのは自分でチェックする事ができますので、現状を把握しておく事も大事だと思います。その現状を専門家に相談してみても良いかもしれませんね。

 

マイホーム購入に役立ちそうな商品やサービスの紹介
マイホーム購入に役立ちそうな商品やサービスを数多くご紹介しております。きっと現在の状況を打開できる商品やサービスが見つかると思います。お時間がある時に是非一度ご覧になってみて下さい。

コメントを残す