フラット35はパートの奥さんの年収も合算できる!

フラット35はより希望のマイホームが購入できる住宅ローンだと思います。

そもそも継続的な収入が見込める方なら勤続年数に関係なく審査のテーブルに乗せる事ができるし、何より収入合算の条件が緩いのも特徴です。

これらの特徴を知っていれば、マイホーム購入の幅もかなり広がると思います。

ここではパートの奥さんの年収も全額合算できるという事について解説したいと思います。

 

収入合算における銀行ローンとフラット35の違いとは?

住宅ローンの借入限度額は申し込みした方の年収と車のローンなど現在分割で返済している返済額によって決まります。

せっかく家を買おうと思っても、ご主人1人の年収では希望額が借りられない場合は、一緒に住む方の年収を合算して、計算してみるという方法がありますが、ここで一般の銀行ローンとフラット35の違いが出るんですね。

一般の銀行ローンの場合、収入合算できる方の条件として、「勤続年数が1年以上」「年収100万円以上」「年収の50%まで合算可能」という事が多いんですね。

一方フラット35は、継続的な収入があれば勤続年数・金額に関係なく、もらっている月収の平均を12倍したものを年収として、これを100%合算する事ができます。

 

フラット35の収入合算の計算方法とは?

半年前に始めた月5万円のパート収入があれば、5万円×12ヶ月で60万円を年収とみなし、この60万円を全て合算できます。

銀行さんから、自動車ローンの借入返済額が大きくて、ご主人1人では希望額まで借りられないとの回答がきたというお客様からのご相談を受けた事があります。

数ヶ月前からパートで働き始めた奥さんの年収を合算して無事に審査を通過できました。

フラット35ではこんな例がたくさんあります。

マイホームの購入は自分にはちょっと難しいかなと勝手に判断しないで、住宅ローンの事で困ったらまず私のところまでご相談下さい。

可能性はゼロではないので、マイホームの夢を叶える事ができるかもしれません。

 

マイホーム購入に役立ちそうな商品やサービスの紹介
マイホーム購入に役立ちそうな商品やサービスを数多くご紹介しております。きっと現在の状況を打開できる商品やサービスが見つかると思います。お時間がある時に是非一度ご覧になってみて下さい。

コメントを残す