勤続年数が短い方でもマイホームの夢を諦めないで!

マイホームの購入を考えているという方には様々な状況の方がいらっしゃいます。

色々な理由でマイホームを購入できない方も少なくありません。

ただ、そのような方でもフラット35を使いこなせば、銀行で全くダメだった方でも審査のテーブルに乗せる事ができるかもしれません。

今回は勤続年数が短い方でもマイホームの夢を諦めないで!というお話です。

 

銀行では勤続年数が短いと住宅ローンは借りられない!?

住宅ローンは大きな金額を長い時間をかけて返済していく商品なので、借りるためには様々なな基準があります。その1つが勤続年数です。

銀行さんの住宅ローンの場合は、基本的には勤続年数2年以上というのが基本です。

なので、転職したばかりの方はせっかく家が欲しいという気持ちになっても、申込できないケースが多いんですね。しかし、そんな時こそフラット35の出番がやってきます。

フラット35の場合、申込できる人の条件は「継続的な収入がある方」となっており、具体的な勤続年数の記載はありません。

勤続年数2年未満の方は、転職してから受け取った給料を元に年収を算出する方法を使うので、勤続年数2年未満の方はもちろん1年未満の方でも十分申し込み対象になります。

 

フラット35における勤続年数の考え方について

勤続年数が短い方はこんな風にして年収を計算します。勤続年数1年以上2年未満の場合は、直近12ヶ月分の給与+期間中賞与の合計を年収とします。

勤続年数1年未満の場合は、転職してから受け取った給与の合計を受け取った月数で割った平均月収を算出し、この平均月収を12倍した金額が年収となり、さらに賞与があればその分を加算して年収を割り出します。計算式は以下の通りです。

(転職してから申込時までの給与合計額÷勤務月数)×12ヶ月+賞与額

いずれのケースも最終的には勤務先からの給与証明書を元に計算します。

しかし、事前にどのくらい借りられるか知りたい場合には給与明細をコピーして頂き、送って頂ければ計算する事ができます。

 

収入合算についてもフラット35は有利!

さらにこの計算は収入合算者にも適応されますので、ご主人様だけでは年収が足りない場合、奥様がパートで勤め始めたばかりだとしても、上記の計算式に当てはめて年収を算出し、収入合算すれば希望額まで借りられるようになるなんて方法もあります。

私の経験からも一般の銀行ローンでは絶対に難しいと思われる方でもご希望に添える事ができますので、どんな状況でも諦めないで下さい。

 

フラット35は勤続年数が短い方の味方です!

銀行の住宅ローンの場合、勤続年数が短い方はそもそも審査のテーブルに乗りません。ほぼ門前払いみたいなものなので、勤続年数が短い=マイホーム購入は無理というイメージになっている方が多いんですね。フラット35であればまず審査のテーブルに乗せる事ができますし、審査が通る事も十分に有り得ます。勤続年数が長くないという理由で諦める必要は全くありません。

 

マイホーム購入の相談をするなら夢マイホーム!
夢マイホームは現在マイホームを購入したいけど実際に何をすれば良いのか分からないという皆様に対して、相談から実際にマイホームを購入するまで総合的にサポートするサービスになります。これからマイホーム購入を考えているという方には非常にオススメできるサービスだと思います

コメントを残す