子供が同居しないのに親子リレーローンは使える?

前回からサザエさんの磯野家をモデルにしてフラット35の親子リレーローンを説明しております。前提として、波平さんは60歳、マスオさんは30歳と仮定しております。

前回までにお伝えしたように、親子リレーローンとは、親が借り入れしたローンを子供が引き継ぐ住宅ローンの事を言います。

親子リレーローンを使うと、「親と子供の収入を合算できる」「返済期間は子供の年齢で計算できる」などのメリットがあるので、より大きな金額が借りる事ができるんですね。

今回は連帯債務者である子供が同居しない親子リレーローンについてお話します。

 

2世帯住宅じゃなくても親子リレーローンは使える!

親子リレーローンと言うと、2世帯住宅購入用のローンというイメージがあると思います。

しかし、フラット35の場合は親子が同居しなくても、つまり波平さんとマスオさんが一緒に住まなくても親子リレーローンを組む事ができるんですね。

波平さん、フネさん、カツオ君、ワカメちゃんの4人だけで住む家の購入して、マスオさんとサザエさん、タラちゃんは別の家に住むというケースでもマスオさんを連帯債務者とした親子リレーローンは可能です。

また、カツオ君が就職していて、別なところで一人暮らしをしている場合、カツオ君が一緒に住まず波平さん、フネさん、ワカメちゃん3人だけが住む家のローンを波平さん、カツオ君を債務者とした親子リレーローンで借りる事も可能です。

この場合、前回もお伝えしましたが、収入は2人の合算で審査年齢は子供の年齢という形になり、親1人の時に比べてかなり高額な金額を借りる事ができます。

 

高齢の方がマイホームを購入する方法とは?

高齢のお父さんがどうしても自分の家が欲しい場合はどうすれば良いのでしょうか?

例えば、今住んでいる家が立ち退きになってしまい、どうせ出るなら自分の家が欲しいなんていう場合、「将来一緒に住む予定の子供に助けてもらって家を買う」というような感じで使える親子リレーのパターンです。

このパターンだと、定年間近のお父さんも立派な家が買えてしまいますので、これからマイホームを考えている方にとっても購入の幅が広がると思います。

次回はマスオさん、サザエさん夫婦のみが住む家のローンを親子リレーで借りるパターンをお伝えしたいと思います。

しばらくは磯野家をモデルにして、親子リレーローンについて説明をしていきたいと思いますので、どうぞお楽しみに!

 

同居しなくても親子リレーローンは使える!

通常の住宅ローンであれば、親子リレーローンを利用する場合は同居が条件です。しかし、フラット35は同居するという条件がないので、別居していても義理の親子関係でも親子リレーローンが使えます。なので、借入限度額を大幅に上げる事ができるので、希望のマイホームを購入する事ができると思います。

 

マイホーム購入の相談をするなら夢マイホーム!
夢マイホームは現在マイホームを購入したいけど実際に何をすれば良いのか分からないという皆様に対して、相談から実際にマイホームを購入するまで総合的にサポートするサービスになります。これからマイホーム購入を考えているという方には非常にオススメできるサービスだと思います

コメントを残す