フラット35は物件によって審査が通らないの?

前回まではフラット35の事前審査について様々な事をお伝えさせて頂きました。

フラット35は独特なルールがありますので、面倒と思っている方も多いですが、使いこなす事ができればマイホーム購入の幅を確実に広げる事が可能です。

今回から「フラット35こんな事がありました」という形で様々な事をお伝えしていきます。

 

フラット35は審査が厳しい??

先日あるお客様と話していたら、中古住宅販売の営業マンさんに「フラットはどうだろうか?」と相談したら、「フラット35は物件によって通らない事があるので、難しいかもしれませんよ」と言われたそうです。

確かにフラット35の場合、融資できる建物の基準が決まっていて、検査を受けてフラット35の基準に該当するという『適合証明書』ができなければ融資する事ができません。

でも、この基準は中古住宅の場合には、昭和56年の新耐震基準をクリアしていれば、普通の家ならまずOKです。

さらに耐震基準前の物件でもきちんと補強されている事が確認できて、資格を持った方が検査しOKが出れば融資が可能になります。

逆にこの適合証明の検査がある分、担保評価はかなり緩くなっています。

なので、古い物件、特にリフォームしたような物件は銀行ローンで減額になるようなケースも満額融資になる事が結構あります。

 

フラット35なら到底無理な案件も通す事ができる!

フラット35は独特なルールがあるので、慣れないとどうしても審査がスムーズに進まない事が実際にある事が確かです。

だからフラット35は手間が掛かって難しいと思われているようですが、我々のようにフラット35に精通している人間が関わると銀行ローンでは到底無理と思われるような案件でも魔法のように通ってしまうんですね。

しかも手続きも簡単です。というか事務手続きはほとんど我々がやってしまいます。

まだ誤解される事が多いフラット35ですが、住宅ローンでお困りの方は是非度相談下さい。

 

フラット35をちゃんと知ればそんな事はない!

テレビでもフラット35のコマーシャルを見かける事はありますが、コマーシャルを見ただけではその内容についてはよく分からないですよね。そして、住宅販売の営業マンも皆が皆フラット35の事に精通しているわけではありません。こういった現状もあるので、誤解を生みやすいのがフラット35なんですね。ただ、知れば知るほどマイホームを購入する方にとって有利なローン商品である事はお分かり頂けると思います。当サイトでもそういった事をあますところなく発信していきたいと思います。

 

マイホーム購入に役立ちそうな商品やサービスの紹介
マイホーム購入に役立ちそうな商品やサービスを数多くご紹介しております。きっと現在の状況を打開できる商品やサービスが見つかると思います。お時間がある時に是非一度ご覧になってみて下さい。

コメントを残す