フラット35で行なわれる事前審査の特徴とは?

今回からはフラット35の審査の仕組みについてお伝えします。

第1回目は事前審査についてご説明します。

 

銀行の住宅ローンとは事前審査のやり方に違いがある!

フラット35も銀行の住宅ローンと同じように事前審査と本審査がありますが、その内容はかなり違います。どこが違うのかというと、まず必要書類です。

フラット35の事前審査に必要な書類は以下の通りです。

1.申込関係 4枚
内訳・申込書・個人信用情報同意書×2・その他借入の申出書

2.本人確認書類
内訳・運転免許証のコピーもしくは健康保険証のコピー

実はこれだけで審査ができます。

年収や物件については全てお客様の申告ベースでいいので、源泉徴収票・謄本・図面といった資料は必要ありません。

 

フラット35は事前審査のスピードが早い!

次に審査のスピードです。

日本モーゲージサービスの場合、事前審査結果は原則翌営業日にご回答しており、平日にお預かりすれば翌日にはお返事できます。

フラット35の場合、上記の必要書類・審査スピードからも分かるように事前審査はあくまでも仮審査であり、審査がOKでも本審査で否決の回答が出る事もあります。

ここがフラット35の事前審査の最大の弱点になってしまうのですが、私はこの弱点を最小限にする方法を持っているんですね。

これについては次回以降に詳しく解説していきますが、フラット35の事前審査は資料が要らず、回答が早いので、目の前のお客様が「審査のテーブルに乗るかどうか」をすぐ知りたい時には、まず申込書を書いてもらえば、翌日にはお返事できるんですね。

次の日には前に進めるかどうかハッキリするので、可能性のないお客様にはこれ以上お時間を頂く事もありませんので、ご迷惑を掛ける事もなくなると思います。

 

フラット35はマイホーム購入の最後の砦!

事前審査のスピードが早くても、本審査に落ちてしまっては意味がありません。しかし、そもそも銀行ローンに落ちてしまった人にとってはフラット35は最後の砦のようなものだと思います。フラット35は他の住宅ローンよりも審査が緩いと言われているので、まず事前審査を受けてみるのも良いかもしれませんね。

 

マイホーム購入に役立ちそうな商品やサービスの紹介
マイホーム購入に役立ちそうな商品やサービスを数多くご紹介しております。きっと現在の状況を打開できる商品やサービスが見つかると思います。お時間がある時に是非一度ご覧になってみて下さい。

コメントを残す