産休・育休中の奥様がいる場合は収入合算できるの?

フラット35の特徴を生かして、マイホーム購入の幅を広げる方法についての5回目は「育児休業中の方の場合」というお話です。

 

産休・育休の奥様の年収を合算する事ができる!

住宅ローンの資金計画を検討してみたら、ご主人の年収だけでは希望金額が借りられない場合、まず考えるのは奥様との収入合算です。

しかし、奥様が産休・育休取得中で現在収入が全くない・・・さて、どうしようという方も正直少なくないと思います。

フラット35の場合、融資実行時に職場復帰される予定があれば、産休・育休の奥様の年収を合算する事ができますので、引渡しまでに時間が掛かる建築案件の場合には引渡しを奥様の職場復帰に合わせて組めば、問題なく審査できます。

基本的には前年年収では計算するのですが、前年年収が産休・育休により少なくなっている場合は、休み前にもらっていたお給料を元に算出した1年分の「みなし収入」で収入合算できますので、意外と多く借りられます。

融資実行時に職場復帰している事を前提に審査しますので、職場復帰後に受け取ったお給料の明細などを提出して頂き、復職が確認できる事が融資の条件になりますので、「家は完成したけれど引渡しできない」という事がないように気を付けて下さい。

 

育児休業給付金は収入とみなす事はできない!

また、産休・育休中も一部お給料が出ている方の場合は、職場復帰していなくても減額支給のお給料を年収を割り戻す計算をして、合算する事ができます。

ただし、雇用保険に基づく育児休業給付金などを受給していても、収入とはみなす事はできませんので、ご注意下さい。

フラット35の場合、年収400万円未満と400万円以上では借入可能額が大きく変わります。

お車の借入などで思った以上に借入限度額が厳しい方の場合は収入合算ができればご希望に沿えるケースが多いので、諦めずにご相談下さい。

 

マイホーム購入に役立ちそうな商品やサービスの紹介
マイホーム購入に役立ちそうな商品やサービスを数多くご紹介しております。きっと現在の状況を打開できる商品やサービスが見つかると思います。お時間がある時に是非一度ご覧になってみて下さい。

コメントを残す