自営業者でもフラット35なら借りられるかも!

フラット35の特徴を生かし、マイホーム購入の幅を広げる方法についての4回目は「自営業(個人事業主)の方の場合」というお話です。

 

1回でも確定申告をしていれば申込できる!

フラット35の場合、自営業の方は1回でも確定申告をしていれば、申込が可能です。

しかも、営業期間が1年未満の場合にはサラリーマンの転職者と同じように計算します。

総所得を営業日数で割り出した1日当たりの収入に365日を掛けて、割戻し計算した年収を元にして審査をします。

 

1年未満の自営業の方の借入限度額の計算例

前提条件:10月1日から営業開始(10月1日~12月31日で91日間)

この期間の確定申告所得額100万円です。

この場合の審査年収は100万円÷91日×365日=4,010,985円となりますので、借入限度額を計算すると計算上は4,000万円借入可能になります。

もちろん、事業を始めたばかりですので、かなり細かいところまで見て審査されますので、きちんと返済できるという根拠になる資料や説明が必要とはなります。

しかし、その辺がしっかりしていれば融資の可能性はありますので、事業を始めたばかりの方でも諦めずにまずはチャレンジしてみましょう。

次回も引き続きフラット35活用法をお話ししますので、ご期待下さい!

 

所得がマイナスの場合はフラット35でも無理です!

自営業の方はある程度所得や経費をコントロールできるので、税金の支払いを少しでも抑えるために脱税にならない範囲で所得を少なめに確定申告しているという方が多いと思います。そうなるとたとえフラット35でも借りる事はできません。プラスであっても借入限度額が小さくなってしまうので、ご希望のマイホームを手に入れる事はまず難しいと思います。借入限度額を大きくするには所得が大きくなければならないので、マイホーム購入をお考えの方は2~3年前の確定申告から準備しておきましょう。

 

マイホーム購入に役立ちそうな商品やサービスの紹介
マイホーム購入に役立ちそうな商品やサービスを数多くご紹介しております。きっと現在の状況を打開できる商品やサービスが見つかると思います。お時間がある時に是非一度ご覧になってみて下さい。

コメントを残す