住宅ローン以外の借入は審査にどんな影響を与える?

しばらく、金利の話を書いてきましたが、今回からはマイホーム購入に役立つ住宅ローン情報をいろいろお伝えしていきます。

今回のテーマは「住宅ローン以外の借入」です。

この住宅ローン以外の借入が審査にどのような影響を与えるかをご説明します。

 

住宅ローン以外の借入にはどんなものがあるか?

住宅ローンの申し込みを受けた時、必ず審査に影響してくるのがマイカーローンや家電の分割購入、さらにカードローンやクレジットカードキャッシングなどの「住宅ローン以外の借入(その他借入)」です。

では「その他借入」は審査にどんな影響を与えるのでしょうか?

これについてはポイントは2つです。

1つ目は「個人信用情報」です。そしてもう1つは「返済比率」です。

 

個人信用情報って一体何?

まずは「個人信用情報」からお話しします。

個人信用情報とは、その人がどういう人で、いくら借りていて、きちんと返しているのかを把握するための情報です。

氏名・生年月日・性別・住所・電話番号・勤務先などに加え、クレジットカードやローンの借入状況も含まれます。

今の日本ではお金を借りたり、分割で物を買ったりする場合、その内容を個人信用情報機関に借入内容を登録し、多重債務者などの発生を予防する仕組みになっていて、申し込みを受けた金融機関はこの個人情報を元にその人にお金を貸せるかどうかを判断します。

個人情報センターに照会すると、登録されている全てのデータについて登録日・金額・最終期日・返済状況など細かい情報が開示されます。

月々の返済が遅れ、督促が来てもそのままにしておくと個人情報データが「正常債権」から「延滞債権」への異動されます。

この「異動」の情報がある状態がいわゆるブラックリストというわけです。

 

毎月電話料金の支払いが滞るとブラックリスト!?

こうなると、もうどこの金融機関でも融資の対象にはなりません。

異動情報が載っていなくても「返済日が数日遅れている」「月をまたいでの延滞がある」「一括で返済している」などの登録上の全ての細かい内容が分かるので、金融機関はこれを元にこの人がきちんと返してくれそうな人かどうかを判断します。

実質0円になっている携帯電話の端末代金も個人情報上は分割払い債務情報になります。

電話代金の支払いが遅れれば、しっかりと延滞情報として登録されてしまいます。

親の名義で買った電話の料金を子供が払っていなかったせいで、住宅ローンが借りられないなんて事が実際にあったりしますので、本当に気を付けなければなりません。

 

個人情報を登録する信用情報機関は3つある!

住宅ローンの場合、事前審査の段階ですぐに断られたら、個人信用情報に何かある場合が多いのです。何で断られたか分からない場合、自分の情報を調べてみる必要があります。

個人情報を登録する信用情報機関は主に下記の3つの機関になります。

  • クレジット会社系の出資によって設立された「CIC」
  • 消費者金融系の会社の出資によって設立された「JICC」
  • 銀行系クレジット会社の出資によって設立された「全銀協」

CICとJICCはある程度情報を共有していますが、全銀協の情報は共有されていないケースが多いので、自分の情報を調べる場合には3社共に情報開示請求をするのがベストです。

CICとJICCはインターネットで手続きOKです。

全銀協は郵送の手続きになりますが、どちらも比較的簡単に情報を送ってもらえます。

今はどんな小さな借入もしっかり登録されている時代ですので、この辺の事をしっかりと知っておく必要があるのかもしれません。

次回も個人情報についてさらに詳しくお伝えしていきます。

 

その他借入は住宅ローン審査に大きく影響する!

現在の様々な支払いをしている方は住宅ローンを借りる時にいろいろ見られる事になります。この人は貸しても大丈夫な人かちゃんと返してくれそうな人かというのを金融機関が審査する事になるんですね。このような個人情報の事を知っておけば、ちょっとでも住宅ローンの審査に有利に動く事もできると思います。

 

マイホーム購入の相談をするなら夢マイホーム!
夢マイホームは現在マイホームを購入したいけど実際に何をすれば良いのか分からないという皆様に対して、相談から実際にマイホームを購入するまで総合的にサポートするサービスになります。これからマイホーム購入を考えているという方には非常にオススメできるサービスだと思います

コメントを残す