個人がマイナス金利のメリットを活かす方法とは?

今回もマイナス金利をマイホーム購入に活かすための「基礎知識」を解説します。

今は金利が史上最低水準という事でお金を借りる企業や人には有利になる状況です。

個人がこの低金利の長所をさらに活かす方法についてお話しします。

 

マイナス金利は借りる側が有利になる!

長期金利がマイナス金利によって低くなっています。

金利が低くなっているという事は当然ですが、借りる側がお得になります。

企業なら安い金利で資金を調達し、その資金を商品仕入れや宣伝広告・営業などに活用したり、生産性を上げるために設備を購入したりしながら、利益を上げていく事ができます。

しかし、個人の場合は安く資金を調達できても、収益に結び付けるのは難しいですよね。

 

個人でマイナス金利のメリットを活かすには住宅ローン!

では、どういった方法でこの低金利の長所を活かすか?

そこで住宅ローンが登場するんですね。くどいようですが、金利が低くなるという事は資金調達のためのコストが安くなるという事です。

住宅ローンで3,000万円の資金を調達するためのコストについて考えてみましょう。

3,000万円を借りて35年で返済する場合、金利3%・元利均等返済で借りると、月の返済は115,445円で総支払額は48,491,100円です。

調達コストは、48,491,100円-30,000,000円=18,491,199円になります。

同じく金利2%だと、月々の返済99,377円で総支払額41,738,340円です。

調達コストは、41,738,340円-30,000,000円=11,738,340円になります。

さらに金利1%だと、月々の返済84,685円で総支払額35,567,700円です。

調達コストは35,567,700円-30,000,000円=5,567,700円になります。

ちなみに金利が0%なら総支払額は30,000,000円で資金調達コストも0円です。

3%と1%ではその差が1,200万円以上になります。これだけ違うんですね。

 

低金利のメリットを生かすには長期固定金利がオススメ!

視点を変えると、金利が下がるという事は銀行に支払う利息が大幅値引きされているという風にも考えられます。

マイナス金利政策によって、長期金利がこれまでにないレベルまで低くなっています。

これはズバリ「今、マイホームが安く購入できる」という事と同じ意味なんですね。

マイホーム購入を考えている人にとっては、今は1番のタイミングであるのは事実です。

そして、低金利のメリットを生かすためにオススメなのが長期固定金利です。

変動金利で借りてしまったら、たとえ金利が0%になっていたとしても、金利が上がれば当然のごとく低金利のメリットは無くなってしまいます。ここのところだけはお忘れなく。

というわけで、マイホームが欲しいと思っている方は今は本当に良いタイミングなので、真剣に考える価値はあると思います。

 

どれが最大のメリットを見失わない事!

金利が低いからと言って変動金利や3年固定にした場合、数年もしくは金利が上がるまでは月々の返済金額が安くなります。しかし、金利が上がってしまうかもしれないという不安感はいつまでも持ち続ける事になってしまうんですね。低金利のメリットの恩恵を受けるためにはやはり長期固定金利を選ぶ事です。そうする事で35年間金利が上がるというリスクをゼロにする事ができます。たかが数年、月の返済額が安くなる事のために「金利上昇リスクゼロ」という最大のメリットを見失ってはいけません。

 

マイホーム購入に役立ちそうな商品やサービスの紹介
マイホーム購入に役立ちそうな商品やサービスを数多くご紹介しております。きっと現在の状況を打開できる商品やサービスが見つかると思います。お時間がある時に是非一度ご覧になってみて下さい。

コメントを残す