固定期間選択型は普通の変動金利より危ない?

前回に引き続き、固定金利のメリット・デメリットのお話しをお伝えします。

前回もお話ししたように住宅ローンの金利というのは最初から最後まで金利が変動せず総返済額も確定している固定金利と途中で金利が変動したりして、実際に返し終わってみなければ総返済額が分からない変動金利の2種類になります。

今回は変動金利の中でも固定期間選択型のローンの危険性についてお話しします。

 

固定金利期間選択型のローンって一体何?

北海道の銀行さんが主力商品として扱っている「3年」「5年」「10年」「20年」という期間を選択し、その期間が終わるまでは金利の変動がない「固定金利期間選択型」のローンは、返済中に金利が変わりますので、ザックリ分けると変動金利の住宅ローンになります。

「固定金利選択型」とは固定金利の良いところと変動金利の良いところを両方揃えて、お客様の選択肢の幅を広くする商品です。

選択する固定期間が「3年」「5年」と短ければ短いほど「変動金利商品」に近くなり、逆に「15年」「20年」と長ければ長いほど「固定金利商品」に近い形になります。

北海道の銀行さんの主力商品である「3年固定」は1番固定期間が短いので、ほぼ変動金利と一緒と言えると思います。

北海道の主力銀行さんの商品は3年固定の方が変動金利より安く設定されているという何とも不思議な金利体系を作っていますが、「変動金利」というと不安定な感じがして売りにくいので、「固定」という文字が入る「3年固定」を主力商品にする事で変動リスクからお客様の目を逸らせる狙いがあるのかもしれません。

 

3年固定金利のちょっとした落とし穴とは?

たとえ3年の固定期間でも変動金利より金利が安いのは確かに魅力的ですが、ここにはちょっとした落とし穴があります。それは・・・・

もし、これから金利が上昇局面に向かった時、変動金利で借りている人は6ヶ月ごとに金利が上がるので、月々の返済額が増える事で金利が上がってきた事に気付くので、このまま金利が上昇し続けると予想した場合早めに固定金利に切り替える事ができます。

しかし、3年固定の場合、市場の金利が上昇の局面に入っても3年間は支払い金額が変わらないため、金利が上がった事に気付く事なく時間が過ぎてしまいます。

そして、4年目に入った時、初めて金利が大幅に上がっている事に気付き、慌てて固定金利に切り替えようとするのですが、金利上昇が始まると固定金利はどんどん高くなっているので、結局負担がかなり大きくなってしまうという事になります。

 

金利は本来上がったり下がったりするもの!

ここ20年金利は本当に低水準で推移しているので、30代から40代前半の方は「金利が上がる」という事を本気でイメージできないと思うのですが、本来金利というのは上がったり、下がったりするものなんですね。

私が新卒で信用金庫に入社した当時(昭和58年)は定期預金の金利が5.75%で住宅ローンの金利は8%でした。

その後金利は一旦下がりかけますが、バブル景気が始まると瞬く間に上昇して、何と1年間で2%も上昇した事もありました。

それが20年も下がったままの状態が続き、今が史上最低の低金利です。

 

信用できる住宅営業マンはどっち?

この先どうなるかを見越して、金融のプロである銀行は変動金利の住宅ローンを主力商品にしています。ここでもう1度、変動金利と固定金利の特徴をおさらいします。

固定金利というのは最後まで金利が変動せず総返済額も確定している。

これに対して変動金利は途中で金利が変わり、返し終わってみなければ総返済額は分からない。(金利がアップすれば総返済額は増え、ダウンすれば減る)。

どちらを選ぶかを決めるのはお客様ですが、金利の仕組みとどれにするか決定するための判断材料を提供するのは、住宅営業マンさんたちの仕事です。

「月々の返済が少ないのが1番です。お給料が入っている○○銀行さんの1番金利の低いローンにしましょう。」という営業マンと「住宅ローンの金利には2種類あります。固定金利と変動金利です。それぞれのメリットとデメリットは・・・・、個人的にはこんなローンがオススメですね。」という営業マン。

あなたはどちらの営業マンの方が信用できますか?

 

住宅ローンを最終的に選ぶのはお客様自身!

住宅ローンについてはよく分からないという方も多いと思いますが、ある程度知識や情報がないと後で後悔してしまいます。特に住宅ローンは金利は低ければ良いというものではありません。当然選ぶのはお客様自身になりますので、自分を守るためにもしっかりリスクも考慮した上で住宅ローンを選ぶようにしましょう。

 

マイホーム購入に役立ちそうな商品やサービスの紹介
マイホーム購入に役立ちそうな商品やサービスを数多くご紹介しております。きっと現在の状況を打開できる商品やサービスが見つかると思います。お時間がある時に是非一度ご覧になってみて下さい。

コメントを残す