固定金利と変動金利のメリット・デメリットとは?

実質国が運営している独立行政法人「住宅金融支援機構」が国民の住宅取得のために提供している長期固定金利住宅ローン「フラット35」。

これまでフラット35のメリットとして

  • 審査が通りやすい。
  • 年収に対する借入限度額が高い。
  • 勤続年数が短くても借りられる。
  • 担保評価がゆるい。

など様々なメリットをお伝えしてきました。

こんなイメージが定着しているせいか、フラット35は「銀行ローンが通らない人」向けの「金利が高く・内容の良くないローン」といった印象があると思います。

実際まず銀行さんにローンの申し込みをしてみて、ダメだったら「フラット35」で申し込みをするというパターンの人達も結構いらっしゃるんですね。

しかし、フラット35は決して審査がゆるい分金利が高い劣悪なローンではありません。

それどころか長期固定で低金利を提供するとっても良い商品です。

今回からは固定金利と変動金利のそれぞれのメリット・デメリットをお伝えしていきます。

 

住宅ローンの金利のタイプについて

まず始めに「住宅ローンの金利にはどんなタイプがあるのか」をお話し致します。

住宅ローンの金利は契約した時の金利がずっと変動しない「固定金利」と市場金利の状況にとって支払い途中で金利がアップ・ダウンする「変動金利」の2つです。

固定金利はどんな事があっても月々の支払い金額は金利がかわりませんから、契約時点で総支払い金額が決まっているのに対して、変動金利はその時の金利情勢によって月々の支払い金額が変わりますので、最終的にいくら支払うかは決まっていません。

ここが大きな違いなんですね。

 

固定金利と変動金利、どっちがお得なの?

さて、固定と変動ではどっちが得なのでしょうか?

金利の水準が平均より低いときは固定金利が有利です。

逆に金利水準が高い時には変動金利が有利です。

今は史上最低の低金利時代なので、借りる側からすると本来は固定金利が選ばれて当然なのですが、貸す側としては固定金利で35年ローンを借りられると、今後金利が上がってきた時にローンでもらう利息よりも預金に支払う利息の方がたかくなってしまい、赤字になってしまう可能性があるので、固定金利商品はなるべく販売したくないのが本音なんですね。

逆に自分達にリスクのない変動金利商品であれば、今は多少安い金利にしておいても今後いくらでも調整が効きます。ならば今だけ安くして変動金利商品を売ってしまえ!

という結果金利0.5%台の変動金利商品や0.8%の3年固定型が売られているのが現状です。

 

金利が極端に低い変動金利商品が売られている理由とは?

ちょっと言い過ぎかもしれませんが、ある意味上記のような金利の低い変動金利商品はお客様に固定金利のメリットを考える隙を与えないようにする目くらまし的な効果を持った商品ではないかと思う事があります。

ただ、現在のフラット35の35年固定金利というのも異常と思えるくらい低い金利であり、民間金融機関では絶対に提供できない水準なので、民間金融機関としては、変動金利にこのくらいのインパクトを与えなければ全ての住宅ローンがフラット35に流れてしまう事も十分ありえるので、しょうがないのかなと思ったりしています。

 

固定金利と変動金利にはそれぞれ長所・短所がある!

話がだんだんそれてきたので元に戻します。

住宅ローンの金利は契約した時の金利がずっと変動しない「固定金利」と市場金利の状況にとって支払い途中で金利がアップしたりダウンしたりする「変動金利」の2つです。

それぞれメリットとデメリットがあるので、しっかりそこを理解しておく事が失敗しないマイホーム購入に繋がると思います。

現在北海道で主流の3年固定金型に代表される固定期間選択型の変動金利というのは「変動金利商品」の一部であり、ある意味普通の変動金利より危ない面を持っているというお話しは次回のテーマにしたいと思います。

 

金利を知る事はマイホーム購入の成功に繋がる!

マイホーム購入で住宅ローンを利用する事は何十年も返済し続ける事なので、金利についてよく知っておかないと後で損をしてしまう結果になります。特に変動金利は市場金利の状況が大きく影響されますので、常に気にしておかないと総返済額の負担が大きくなってしまいます。金利について知る事はマイホーム購入に成功に繋がりますので、是非知識として留めておいて下さい。

 

マイホーム購入に役立ちそうな商品やサービスの紹介
マイホーム購入に役立ちそうな商品やサービスを数多くご紹介しております。きっと現在の状況を打開できる商品やサービスが見つかると思います。お時間がある時に是非一度ご覧になってみて下さい。

コメントを残す