フラット35は長期固定金利なのに何故金利が低い?

前回はフラット35は固定金利だから審査金利が低く、一般の銀行ローンに比べて年収に対する借入限度額が大きいという事をお伝えしました。

では何故フラット35は長期固定金利なのに金利が低いのでしょうか?

ここではその金利が低くできる理由についてお話ししたいと思います。

 

長期固定金利なのに金利が低い理由について

これはローンを貸し出す資金をどこから調達しているかというところに関係してきます。

フラット35の販売元である住宅金融支援機構の前身である住宅金融公庫は住宅を建てる人のために国のお金を貸していた金融機関です。

お金の出所が税金だったんですね。

「多くの国民が自分の家を持つ」という国家プロジェクトを担って、国民の税金を使って融資しているわけなので、高い金利を取って利益を出しては本末転倒です。

利益を出さなければ業績が悪化し、経営者は責任を取らなければいけなくなる民間金融機関と違って、公的機関は国家予算レベルで動いているので、利益に関する部分というのはあまりうるさくないんですね。

「住宅金融公庫」から「住宅金融支援機構」という名前に変わり、独立行政法人になったとはいえ、基本は「利益重視」ではなく政府の意向に沿った国民の利益という「政策重視」のため、超低金利時代でも長期固定金利商品を販売できるのです。

 

国が国民のために大サービスをしている!?

35年固定金利が1%台で融資を受けられるというのはどう考えても凄い事です。

こんなチャンスはめったにありません。

国が国民のために大サービスしているとしか考えられません。

今まで夢のマイホームを諦めていたという方もフラット35であればもしかしたら、ある程度希望のマイホームを購入できるかもしれません。

この超低金利時代に是非マイホームの購入を意識してみるのも良いと思います。

 

今は結構マイホーム購入が狙い目かも!?

現在は金利がかなり低い水準に推移しており、借入限度額や審査の面からもフラット35は低所得者の方や自営業や会社経営者の方にも有利な住宅ローンと言えます。フラット35を上手く利用すれば、今までマイホーム購入なんて無理と思っていた方も夢のマイホーム購入が実現できる時代になったのかもしれません。

 

マイホーム購入に役立ちそうな商品やサービスの紹介
マイホーム購入に役立ちそうな商品やサービスを数多くご紹介しております。きっと現在の状況を打開できる商品やサービスが見つかると思います。お時間がある時に是非一度ご覧になってみて下さい。

コメントを残す