どうして一般の銀行ローンより審査が緩いのか?

前回までは借入限度額に関係する「返済比率」に関してお話ししてきました。

「返済比率」が理解できると自分がどれくらい借りる事ができるかがある程度分かるようになりますので、夢のマイホーム購入に役立つと思います。

前回・前々回でもその辺の事をまとめておりますので、良かったら読み返してみて下さい。

さて、今回は何故フラット35は一般の銀行ローンより審査が緩いのかを解説致します。

 

フラット35と銀行ローンの審査の仕方が何故違いのか?

ご存知の方は知っていると思いますが、フラット35というのは審査が緩いんですね。

私はここ数年間で2,000件以上のフラット35のお申し込みを審査してきました。

私は以前に信用金庫に勤務していましたので、銀行の住宅ローンの審査基準についてもよく分かっていますが、その私が思うのは「商品によって審査の仕方がこんなに違う(緩い)ものなのか!」という事です。

何故審査の仕方がそんなに違うのかというと、それは売っているところが違うからです。

普通の住宅ローンを販売している銀行は株式会社ですので、会社に求められているのは「株主の利益」です。なので、損をしてはいけないんですね。

 

フラット35の審査が緩い背景について

この銀行ローンに対してフラット35を販売している「住宅金融支援機構」は「独立行政法人」という組織になります。

「独立行政法人」というのは簡単に言うと、「国の出先機関」なので、求められているのは「国民の幸せの実現」や「日本経済の安定」・「景気の維持」などの政策面です。

民間金融機関ができない部分を補完する役割を持っているので、一般の銀行ローンでは難しいお客様でも融資ができる場合もあるんですね。

 

フラット35の金利というのは高いの?低いの?

消費者ローンなどを見ても分かるように、普通なら難しい融資は金利が高いのが常識です。

実際融資が難しい人でも貸してもらえるS銀行さんの金利はかなり高い事は有名ですよね。

ではフラット35も金利は高いのでしょうか?

いえいえ、そんな事はありません。むしろフラット35の場合は審査が緩いのにも関わらず超低金利での融資が可能になっているんですね。

これは国がバックに付いているという事に加えて、住宅ローンの証券化というスキームを使い、一般のローンよりもリスクが分散されているためです。

実際に長期金利で比べてみると、フラット35がいかに安い金利で資金を提供しているか分かって頂けるのですが、若干長くなったので、続きは次回に・・・。

 

銀行ローンが落ちてもフラット35なら通るかも!

フラット35は独立行政法人で販売されている商品なので、利益よりもお客様重視で提供できるので、銀行ローンよりも審査に通りやすいという特徴があります。勤続年数が短かったり、自営業や会社経営者などはどうしても銀行の審査に通らない場合があります。フラット35なら何とかなる可能性がありますので、諦めないで申し込みしてみるのも1つの手段かもしれません。

 

マイホーム購入に役立ちそうな商品やサービスの紹介
マイホーム購入に役立ちそうな商品やサービスを数多くご紹介しております。きっと現在の状況を打開できる商品やサービスが見つかると思います。お時間がある時に是非一度ご覧になってみて下さい。

コメントを残す