不動産登記手続き手配やアドバイス

 

マイホームを購入した場合、不動産の登記というのを必ずやる必要があるんですね。

 

不動産登記というのはどういう事かと言うと、自分が購入した土地や建物について所有権を公的に認めてもらう制度の事を言います。

 

簡単に言うと、「この土地と家は自分のものです」いう手続きをするという事なんですね。

 

具体的には購入者の名前・購入価格・住所・面積・建物の構造などの情報を法務局に提出する事で登記する事ができます。

 

マイホームに関係する不動産登記というのはいくつか種類があり、一般的には司法書士や土地家屋調査士などに手続きを代行してもらう事が多いようですね。

 

 

司法書士や土地家屋調査士に支払う報酬は?

 

手続きを代行してもらう場合は、無料でやってくれるところはどこにもありません。

 

それなりの報酬を支払ってお願いしなければなりません。

 

マイホームとしてどの物件を購入するかによって、報酬は若干上下しますが、大体の相場として20〜30万円くらいが一般的のようですね。

 

その他にも若干の税金負担(登録免許税・印紙代など)があります。

 

登録免許税については、(購入物件価格×70%×15/1000)で計算できますので、購入物件の価格が高いほどこの登録免許税も高くなります。

 

法的な手続きなので、この税金の部分は節約しようがないというのが現実なんですね。

 

 

不動産登記は自分でもできる!

 

ただ、不動産登記という言葉を聞くと凄く面倒なイメージがありますが、実は自分でやろうと思えばできるんですね。

 

手続きを簡単に説明すると必要な書類を作成して、法務局に提出するだけなんですね。

 

これができれば代行を依頼しなくても不動産登記ができますので、司法書士や土地家屋調査士に支払う報酬を節約する事ができます。

 

ちょっとでも節約して、マイホームの充実にお金を掛けたり、月々の返済を楽にしたいという方は自分でやってみて下さい。

 

 

安心かつリーズナブルな価格で専門家をご紹介できます!

 

そうは言っても忙しくてそんな手続きをする時間が無い方やこのような役所への手続きが苦手という方も非常に多いと思います。

 

そんな方々のために、安心かつリーズナブルな価格で司法書士や土地家屋調査士をご紹介するサービスも提供しております。

 

当然自力で頑張れば不動産の登記というのはできますので、もしこのサービスを利用しない場合でも、手続きの手順や方法などを丁寧にご説明やアドバイスをさせて頂いております。

 

自分でやるか、代行してもらうかを決めて頂き、自分でやると決めたとしても手続きの手順についても詳しくアドバイスをさせて頂きます。




マイホーム購入の相談はコチラになります!

お電話でのお問い合わせは 090-9516-5936